2014年10月31日金曜日

アマゾンでネットショッピング

最近は生鮮食品までもネットで簡単に買うことができるようになり、ネットショッピングがとても身近になりましたね。
ところでみなさまは、電気製品(価格のそんな高くないもの)をネットで購入したことありますか?

実は、宅建の教材作成で使う電気製品がとうとう壊れ、急いで買わなければならなくなりました。
機能とかいちいち現品を確認しなきゃならないほどのものではないし、ネットで注文しようと検索。


1.アマゾンをほめてみる


大手家電量販店とアマゾンのページで比較しました。

値段に大きな違いはなかったので、到着日が早いのがいいと思い、翌日到着の大きいロゴがある、A量販店に決めました。
製品を選んで注文画面で住所等を入力し次ページへ進むと、その製品の到着は「四日後になります」と…。
そんなぁ!話が違うじゃない!
これは誇大広告だ!宅建だったら監督処分だ!
なんて、ブツブツと独り言を言いつつ、アマゾンのページに戻りました。

お支払方法まで入力して、到着は「お急ぎ便ならB円、当日お急ぎ便ならC円」とありましたが、迷物講師が「翌日じゃなくてもいいじゃないの!」と言うので考え直し、余計なお金のかからない翌日以外の期日指定を選択してみました。
そうしたら、「四日後」じゃなくて翌々日到着を選択できるというので、注文完了したのです。
まあまあ希望通りになりました。

アマゾンからはすぐ注文受付完了のメールが受信され、ほどなく、「ご注文いただいた商品を本日、Amazon.co.jp が発送し、ご注文の処理が完了しましたので、お知らせいたします。お問い合わせ伝票番号は******です。」というメールも来ました。

さすがアマゾン、やることが早い、どこぞの電気屋さんとはやることが違うね、なんて褒めちゃった doremi。

2.アマゾンをけなしてみる


さて、せっかくお問い合わせ番号が分かるのなら検索しない手はないと、仕事の合間に見てみたら、なんと福岡からその製品がやってくるのです!

なんで福岡?
在庫が首都圏にないの?
だって量販店の店頭にだいたいある品ですよ。
もしお急ぎ便とやらで注文したら、宅建倶楽部に近いAmazon配送センターから来るの…?
いろいろな疑問が「福岡」から湧きました。
こんなことはいつもあることなんでしょうか、doremi だけが知らないの?

興味をそそられ、翌日また検索してみました。
11:03に福岡センターから発送された製品は翌日16:51羽田を経由して、翌々日(期日指定日)の08:03に事務所のそばにある宅配便の営業所に到着。
そして、宅建倶楽部に指定時刻通りに届けられました。
「福岡からはるばるきたのね、お疲れ様」と、心の中で呟きながら梱包を解きました。

アマゾンの配送はもっと合理的にしたら、運賃が抑えられるはず…。
アメリカでは、運賃の削減のためにすでに導入したらしいドローン(無人航空機)。
日本ではその前に、やることあるでしょアマゾンさん?
なんて余計な心配をしてしまいました。