2013年4月5日金曜日

新装開店「doremi 不動産」

新しい年度になりました。
すでにフレッシュな気持ちで勉強をスタートさせた方や、これから合格を目指して頑張ろうとしている皆さまがまず考えること。
それはどうすれば楽に合格できるかでしょ?

ブログ等をネットサーフィンすれば、"楽に合格できるかのような情報や教材"はあっという間に集まります。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみて!
100人受験して15人前後しか合格できない試験って、楽に合格できるものなのでしょうか?

それなのに、「これを利用すれば簡単に合格できます」、「合格率は80%!」等の宣伝文句を使って商売している業者が、今年も多く出現しています。

初めて勉強する方は特に、まず【宅建試験ここからスタート】を一読されて敵を知り対策を立てましょう
それから勉強道具を準備しても遅くはありません。いそがば回れです。
ちなみに、平成24年の宅建試験問題(実物)こちらです。

ネット上のコンテンツには、試験に出そうな専門用語の説明や解説をしてくれるものは、星の数ほどありますね。ちょっとおおげさ。

そういうものを読んでいると、その専門用語さえ暗記すれば、それに関連した問題が解けるんじゃないか、と期待してしまいます。

でもね、専門用語同士の横のつながりを欠いた勉強じゃ、最近の宅建には太刀打ちできませんよ。
ここのところは、【丸暗記やゴロあわせがダメな理由】という関連記事を読んでくださると、もっと詳しく理解できると思います。

それで doremi は考えました。
バラバラな専門用語同士を、ひもでつないで縦からでも横からでも取り出せる何かを、このブログでつくれば、いいんじゃないかなあと…。
それには、 doremi が主人公の物語を作り、その流れを、皆さまに勉強していただくのも有りかなと…。
そうすれば、迷物講師が唱える「エピソード記憶」に合致するし…。
さっそく実行してみよう!

タイトルは、新装開店「doremi 不動産」。
まず個人事業者として小さなお店を開き、広告を出して、営業を開始します。
女性ばかりの会社で、いろいろな場面でたくさん失敗するでしょうが、度胸と愛嬌で何とかなる?
連帯保証人には迷物講師になってもらいます。ネット上のバーチャル不動産です!

乞うご期待!

あくまでも楽に(楽しく)合格するための一つの方法を、皆さまに提供してみようという実験です。
面白そうだったら、どうぞお付き合いのほどを。
次回から始まります。