2012年11月7日水曜日

宅建倶楽部の"儲けが増える"と嬉しーい!


doremi は、言うまでもなく宅建倶楽部の一員です。

宅建倶楽部は、みなさまを短期合格させるための勉強道具を売る商売をしています。そして doremi はお給料を頂いている。
だから、宅建倶楽部の"儲けが増える"と嬉しーい!
これホントっていうか、当たり前ですよね。


1 宣伝しない宅建倶楽部


資格試験業界に限らず、ネットで商売する事業者は、ヤフーやグーグルで一所懸命宣伝するのが普通です。

でも宅建倶楽部は、平成17年8月から7年以上、このような宣伝はしていません。
どうしてだと思いますか?

宣伝すると売上はあがるかもしれないけれど、"儲けが増える"とは限らないからです。

おそらく、ネットで商売する普通の事業者は、大手でも、"紙カタログの寄せ集めサイト"しか作っていないので、サイトに訪れてくれるお客さんの数が思い通りにならない。
これを打破するために、ヤフーやグーグルで一所懸命宣伝するのだと思います。

でも迷物講師によると、"紙カタログの寄せ集めサイト"しか作っていなくても、あまり宣伝しないで"儲けが増える"裏わざはある、とのこと。

それは、検索エンジンのクローラー(検索ロボット)を騙して、商用キーワードで1ページ目(できれば1番)に、自己のサイトを露出させることだそうです。つまり、検索スパムに成功すれば"儲けが増える"と言っています。

そんなのダメに決まってるじゃん!
検索エンジンのクローラーは、スパムをやっつけようと、どんどん進化してるのに…。


2 迷物講師の戦略


"儲けが増える"と嬉しい doremi たちスタッフのために、迷物講師が取り組んでいる戦略は、こうです。

それはね、"調べ物に役立つサイトを作り続ける"こと。
たったそれだけ。

こういうことを黙々と続けていれば、宣伝なんかしなくても、検索スパムをやらなくても、自然に受験者の皆さまが集まってくれ、結果、"儲けが増える"と考えているのね…。



関連記事