2012年11月21日水曜日

行き過ぎた市場原理主義


2ちゃんねるの過疎化に象徴されるように、合格点予想について、今年は例年にも増して材料がないようですね。
doremi 的には、これは非常に良い傾向だと思っています。

前の投稿でも書いたように、宅建試験の完全透明化はまだのようですが、年を追うごとに"怪しげな部分の透明化"が進んできている証しかもしれません。

このような傾向は、なにも宅建に限ったことではないと思います。
世の中すべてについて、透明化が進んでいるのではないでしょうか。

doremi の勝手な考えでは、その原因は"行き過ぎた市場原理主義からのゆり戻し"だと思います。

宅建受験者のかたをはじめ、国民はバカじゃないですよ!

今年の始め、食べログでのヤラセ投稿事件が"ステマ"という言葉を、一般化させました。迷物講師の言葉を借りれば"セコイ事"を忌み嫌う日本人の本能を目覚めさせたのが"ステマ"だったように思います。

行き過ぎた市場原理主義は、ヤフーやグーグルをも汚染してるんじゃないかな?

だんだん話が大げさになってきましたね。
大げさと言えば、宅建で勉強した"誇大広告"をすぐに連想してしまうのが doremi です。

そう考えちゃうと、行き過ぎた市場原理主義は、宅建受験者のかたをも直撃しているのかなあと…。
法律にも明るくなく、仕事も不安定で、家族もあって…。それでも、なんとか資格をとろうと頑張っているみなさまが、宅建"ステマ"の犠牲になっているのかなあと…。

ヤフーやグーグルでさえ、行き過ぎた市場原理主義に汚染されているとすると、アフィリエイトを一所懸命やってお小遣い稼ぎをしようとしている"素人の関係者"なんか罪は軽いと思います。

でもね、宅建受験者のかたと比べてみれば、やっぱり"素人の関係者"は応援したくないですね。どんなに美辞麗句をならべられても。見てたらすみません!

迷物講師は最近なげいています。
「グーグルは自ら邪悪でないと言っているが、本当に邪悪でない者は自ら言う必要なんて無い!